<Event Schedule>

コルネリア・ヘルマン ピアノリサイタル

〜10代でバッハ国際コンクール最高位 コルネリア・ヘルマンによるイタリア風バッハへの誘い〜


日時:2019年11月28日(木)19時開演(18:30開場)*予定

会場:長崎創楽堂(長崎大学文教キャンパス 教育学部 音楽棟1階)

料金:一般2,000円 学生1,000円

PROGRAM(予定)

◎J.Sバッハ

  • 協奏曲 ニ短調 BWV974(原曲:アレッサンドロ・マルチェッロ/オーボエ協奏曲 ニ短調) Concerto in d minor, BWV 974 (after Marcello)
  • フーガ イ長調 BWV950 (トマゾ・アルビノーニの主題による)  Fugue in A Major, BWV 950
  • パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV825   Partita No.1 in B-flat Major BWV 825
  • イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971   Italian Concerto in F major, BWV971

◎W.A.モーツァルト

  • ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K332   Sonata No.12 in F major K332
  • 「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲 ハ長調 K265(きらきら星変奏曲) 12 Variations, “Ah vous dirai-je, Maman” in C major, K265             他     

ARTIST

コルネリア・ヘルマン Cornelia Herrmann

1985年よりザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院でピアノを学ぶ。 1996年、ドイツのライプツィヒで開催されたJ.Sバッハ国際コンクールで最年少19歳で最高位を獲得。 また1999年ザルツブルグで開催されたモーツァルト国際コンクールでは特別賞を受賞。 これまでに世界各地の有名オーケストラ、指揮者と共演。オーストリアをはじめ世界各地でソロ、室内楽そしてオーケストラとの共演と活躍し、ラジオ 録音も多数行っている。2006年にはNHKアワーにも出演。 ビクターから発売された2枚のCDはいずれも高い評価を得ている。近年の活躍には目を見張るものがあり、 ソロ活動の他、ウイーン・フィルハモニー管弦楽団のメンバーとの室内楽、クリストフ・ゲンツ(テノール)との コンサートなど、若手ピアニストのホープとして注目を浴びている。 2012年7月には札幌で毎年開催されているPMFに招待され、ファビオ・ルイジ指揮のオーケストラと『ペトルーシュカ』の演奏の他、リサイタル、室内楽公演に出場、絶賛を博した。 2012年6月、2013年3月には『バッハ:フランス組曲』ほかを録音し、カメラータ・トウキョウより発売した。